Japan Cecina

Japan Cecina

日本初の短角和牛のセシーナが誕生しました。

「牛肉の味がして、チーズのような香りがして、最後に草の風味を感じる」「牛が摂取してきたものがそのまま風味として現れている」現代表である府金伸治が知人の紹介でスペインを訪れ、本場のセシーナを試食したときの衝撃はとても大きなものでした。「この生ハムを岩手短角和牛で作りたい!」と直感的に思い、それから研究を重ね、ついに日本初の短角和牛のセシーナが誕生しました。

1990

Vestibulum vitae mattis turpis fusce aliquam eu aliquam

Non ut consequat hendrerit neque at

1992

Praesent et lectus eleifend feugiat placerat

Lorem et fermentum mauris vitae sit

1997

Suspendisse rutrum consequat imperdiet tellus sed

Pellentesque pulvinar ultrices morbi at

about

「旬」を閉じ込めた奇跡の生ハム

IWATE TANKAKU WAGYU

いわて短角和牛

SALT ROAD "NODA-JIO"

のだ塩

CECINA

セシーナへの想い

Variation

Japan Cecina Variation

Dealers

その他のお取り扱いオンラインストア

岩手の食文化の歴史を語る上で 欠かせないもの

セシーナは主に外モモの部位を使用し、塩漬けに使う塩は伝統的薪直煮製法で造られた岩手の海塩「のだ塩」。

いずれも岩手の食文化の歴史を語る上で欠かせないものであり、食すと岩手の風土を色濃く感じることができます。

2020年より販売をはじめ、これまでに様々なメディアで取り上げられたり、食のコンペティションで受賞するなど、商品の品質や取り組みに対する評価をいただき、徐々に認知されてきております。

contact us

お問い合わせ